逡巡一刻値千金は【Jリーグの秋春制】に反対です

カテゴリ:植物 た~の( 64 )

ノボロギク 080415

a0055224_16132454.jpg

【ノボロギク】 外来植物
Senecio vulgaris L.

(Eng.) common groundsel

キク科 Asteraceae  キオン属 Senecio

2008/04/15 @新潟県加茂市

とりあえず環境省の要注意外来生物リストには載っていないようです。

ヨーロッパ原産 明治年間の初期に帰化
一年生または越年生草本

筒状花だけで、舌状花がないから ・・・ 地味なのだ。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類】 平凡社刊 2002年版
 【日本帰化植物写真図鑑】 全国農村教育協会刊 2005年版
 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科
 植物生態研究室(波田研)のホームページの植物雑学事典の【ノボロギク】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2008年5月23日).

a0055224_16142866.jpg

a0055224_16144138.jpg

by nig-yam | 2010-03-23 23:55 | 植物 た~の

ナニワズ 080330

a0055224_262728.jpg

【ナニワズ】
Daphne jezoensis Maxim.

synonyms
Daphne kamtschatica Maxim. var. jezoensis (Maxim.) Ohwi
Daphne pseudomezereum A.Gray subsp. jezoensis (Maxim.) Hamaya

ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae  ジンチョウゲ属 Daphne

2008/03/30 @新潟県長岡市 雪国植物園

分布 北海道、本州(福井、福島以北)、南千島、樺太
夏に落葉する
葉は倒披針状長楕円形で、側脈は分岐が少なく整然と伸びる
開花期は 4 - 5月
数花が束生し、苞はない
花は黄色で、がく裂片は筒部とほぼ等長

「はっきりしない雌雄異株」という件については、どうもよくわかりません。
自家不和合のようです。
3月から4月に何回か(年は違いますが)雪国植物園にいっているのですが、「ナニワズ」の存在に初めて気付きました。
あいかわらず、注意力の問題といわれそうな管理人です。
花の断面を見てみたいのですが、さすがに雪国植物園ではそれは禁止行為にあたりますので、ガマンしましょう。

参考
 【フィールド版 日本の野生植物 木本】 平凡社刊 2004年版
 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科
 植物生態研究室(波田研)のホームページの植物雑学事典の【ナニワズ】
 石川の自然史 の【ナニワズ】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2008年5月17日).

a0055224_265377.jpg


a0055224_271665.jpg

by nig-yam | 2008-05-20 22:24 | 植物 た~の

チシマザクラ 080427

a0055224_0483428.jpg

【チシマザクラ】
Cerasus nipponica (Matsum.) Ohle ex H.Ohba var. kurilensis (Miyabe) H.Ohba

synonyms
 Cerasus kurilensis (Miyabe) Czerep.
 Prunus kurilensis (Miyabe) Miyabe ex Takeda
 Prunus nipponica Matsum. var. kurilensis (Miyabe) E.H.Wilson


バラ科 Rosaceae  サクラ属 Cerasus

2008/04/27 (J1 第8節 札幌対新潟 の翌日) @北海道札幌市 旧北海道庁
F904i で撮影なので、あまり鮮明ではありません。
旧北海道庁の前庭に植樹されていたものですので、ほぼまちがいないものと思います。

タカネザクラ(別名 ミネザクラ) C. nipponica (Matsum.) Ohle ex H.Ohba の変種
分布 北海道、本州(中部以北)、千島、樺太
葉柄に開出毛が密生し、花柄とがく筒にも開出毛を生じる。
花は葉と同時に開き、葉の腺はふつう葉柄にある。
花の色は、咲き始めは淡紅色で満開になると白くなる。
葉には鋭い欠刻状の二重鋸歯がある。

参考
 【フィールド版 日本の野生植物 木本】 平凡社刊 2004年版
 北海道旅行を207倍楽しむブログ(仮)の【チシマザクラ】
 木々の移ろい の 樹木図鑑から【チシマザクラ】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2008年5月4日).
a0055224_049456.jpg

by nig-yam | 2008-05-05 22:46 | 植物 た~の

ツリフネソウ 071013

a0055224_02198.jpg

【ツリフネソウ】
学名 Impatiens textorii Miq.

ツリフネソウ科 Balsaminaceae  ツリフネソウ属 Impatiens

2007/10/13 @新潟県長岡市 雪国植物園

北海道~九州  韓半島、中国(東北部)に分布する。
山野の湿気の多い所に生育する一年草。
茎の高さは 50 - 80 cm
花序は葉の上方に斜めに立つ。

不思議なつき方をする花です。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類】 平凡社刊 2002年版
 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科
 植物生態研究室(波田研)のホームページの植物雑学事典の【ツリフネソウ】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年12月14日).

a0055224_03135.jpg

a0055224_032846.jpg

by nig-yam | 2007-12-16 09:09 | 植物 た~の

ノダケ 071013

a0055224_16514563.jpg

【ノダケ】
Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav.

セリ科 Apiaceae  シシウド属 Angelica

2007/10/13 @新潟県長岡市 雪国植物園

分布 本州(関東以西)~九州  韓半島、ウスリー、中国、インドシナ半島
山野に生育する多年草
花期は 9 - 11 月
茎は直立して、暗赤色を帯び、高さ 80 - 150 cmになる
葉は 3出複葉または羽状複葉
頂葉片の基部は葉柄に流れて翼となり、葉柄は袋状にふくらむ
花は密な複散形花序となり、暗赤色を呈する

数あるセリ科の植物の花の色が白色な中で、花の色が暗赤色なのが【ノダケ】です。
これはちょっとわかりやすいんですが、調べると
【シロバナノダケ】A. decursiva (Miq.) Franch. et Sav. f. albiflora (Maxim.) Nakai があったりするから、やっぱりセリ科はメンドウです。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類】 平凡社刊 2002年版
 sannyasouさんのblog 【植物ウォッチング 山野草・虫を愛でる】の2007年10月19日付け【ノダケ(野竹、野筍)】

↓ノダケの花にしては、ちょっと薄い色かなぁと思いますが、一応紫色です。
a0055224_16523827.jpg


↓全体像です。 もうちょっと葉の特徴がわかるように撮影できればよかったと反省しきりです。
 茎の色については、なんとか分かるようになってます。(枯れかけているわけではないようです。)
a0055224_1653140.jpg

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年10月24日).
by nig-yam | 2007-10-27 00:13 | 植物 た~の

ナンブアザミ 070924

a0055224_1734793.jpg

【ナンブアザミ】
Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. nipponicum

synonyms
 Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. amplexicaule (Nakai) Kitam.
 Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. sendaicum (Nakai) Kitam.


キク科 Asteraceae  アザミ属 Cirsium

2007/09/24 @山形県最上郡大蔵村

アザミのグループは、似たようなものが多くてやっかいです。
敬して遠ざけるということにしてもいいのですが、目立つのでやっぱり撮影してしまいます。
撮影してから、「さて、これは何だろうか?」状態に陥ることになります。

本州中北部に分布し、花期は 8 - 10 月。 高さ 1 - 2 m の多年草
総苞片および葉は刺針が少ない
根出葉は花時には枯れて無い、中下部の葉が発達する
葉の基部は狭くなり、茎に沿下せず、茎を抱かない
葉は楕円状披針形
頭花は長い柄があり、多数枝の先に点頭して咲く
総苞片は 7列で、幅が狭く、縁に小刺がない
総苞外片は長く伸び、中片とともに開出または反曲する

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類】 平凡社刊 2002年版

a0055224_174393.jpg

a0055224_1745533.jpg

a0055224_1752144.jpg


学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年10月20日).
by nig-yam | 2007-10-25 17:19 | 植物 た~の

トウガン 070923

a0055224_27450.jpg

Benincasa hispida (Thunb.) Cogn.

synonym
 Benincasa cerifera Savi


ウリ科 Cucurbitaceae  トウガン属 Benincasa

2007/09/23 @新潟県岩船郡関川村

管理人宅では、煮物か汁物の実にして食べています。
中華風のあんかけで食べてみたいなぁと思っております。
関川村の道の駅の売店で売っていました。
それにしても、今回出会った中で最大が 9.5kg です。(下の画像)
大きいです。
9.5kg で 950円だから 100g 10円ということになります。
高いか安いかはよくわからない管理人です。

画像は 2007/09/22 に今まで使っていた R211i から買い換えた F904i のカメラで撮影したものです。(2007/09/30 追記)

原産地は熱帯アジア、インド
 「改訂版 原色牧野植物大図鑑 合弁花・離弁花編」ではジャワ島と記載
a0055224_281355.jpg


学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年9月28日).
by nig-yam | 2007-09-28 23:17 | 植物 た~の

タケシマユリ 070708

a0055224_1583675.jpg

Lilium hansonii Leichtlin ex Baker

ユリ科 Liliaceae  ユリ属 Lilium

2007/07/08 @北海道札幌市中央区 北海道大学植物園

栽培されたり、品種改良の交配親としてけっこう有名なようです。
原産地は韓国鬱陵島で、名前にはタケシマ(竹島)とついていますが、日韓で帰属がモメている竹島とはどうも関係がなさそうです。

葉が茎の中部で輪生し、上部では小型で互生する。
花被片は橙黄色で質は厚く、先はわずかに反る。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅰ 単子葉類】 平凡社刊 2002年版
 【札幌宮丘公園野鳥日記】の 2007年07月07日の記事

a0055224_159521.jpg


↓決め手はこれです。
 画像をクリックしても大きなサイズにはなりません。悪しからず
a0055224_214877.jpg


学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年9月26日).
by nig-yam | 2007-09-26 23:48 | 植物 た~の

ノコギリソウ 070708

a0055224_0272035.jpg

【ノコギリソウ】
Achillea alpina L. var. longiligulata H.Hara
広義には Achillea alpina L.

synonym
Ptarmica alpina (L.) DC.
Ptarmica sibirica (Ledeb.) Ledeb.
Achillea sibirica Ledeb.

キク科 Asteraceae  ノコギリソウ属 Achillea

広義の Achillea alpina L.
中文 【高山蓍】
한국 【톱풀】

2007/07/08 @北海道札幌市 北海道大学植物園

関係記事 【エゾノコギリソウ 070708】

葉には柄がなく、くしの歯状に中~深裂する
セイヨウノコギリソウ A. millefolium L. では、2-3回羽状に深~全裂する
エゾノコギリソウ A. ptarmica L. subsp. macrocephala (Rupr.) Heimerl では、細鋸歯があるけれども深くは裂けない

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類】 平凡社刊 2002年版
a0055224_0274264.jpg

a0055224_0275496.jpg

Original は 2007-08-19 14:47:27
by nig-yam | 2007-07-15 00:23 | 植物 た~の

ノハラムラサキ 070610

a0055224_14234960.jpg

【ノハラムラサキ】 (帰化)
Myosotis arvensis (L.) Hill

ムラサキ科 Boraginaceae  ワスレナグサ属 Myosotis

2007/06/10 @新潟県新潟市(旧中蒲原郡小須戸町)

上の画像は、ずいぶんとゴチャゴチャしたものになっております。
クリックすると大きくなりますが、それでもゴチャゴチャ感は変わらないと思います。
下の画像では、花序の部分だけ分かるようにしたつもりですが、どうでしょうか。

ヨーロッパ原産
花は淡青色で、直径は 3mm程度と小さい。
ワスレナグサ(シンワスレナグサ) M. scorpioides L. のごく近縁ということです。

a0055224_14251383.jpg


全体像はこんな感じでした。↓
a0055224_14253553.jpg

Original は 2007-08-04 16:55:55
by nig-yam | 2007-06-17 14:21 | 植物 た~の



何かと迷う日々が・・・という形而下的日常を書いてます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
外部 Link & Albibord
Trackback Albirex
はっととりっく・ぶろぐ
dawaのたわごと
SAgAN Report Diary
四国の中心で、Jをさけぶ
ドバイ日和
レシピブログ






Powered by ついめ~じ

アルボードは、サッカーJ1「アルビレックス新潟」のスポンサー企業情報をお届けする、サポーター自主運営によるtweetです。




 点取り占いブログパーツ
タグ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
急性脳梗塞 wiki
from 最新ニュース記事特集
みちのくダービー
from 寝言かよ・・・
前橋/前橋
from なるほどキーワード
気合を見せてもらった
from ich lerne
ベニバナ
from 植物辞典
次の試合、柏レイソルはど..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧