逡巡一刻値千金は【Jリーグの秋春制】に反対です

カテゴリ:植物 何だろうか?( 8 )

ナツエビネ? 071013

a0055224_23505682.jpg

【ナツエビネ】かな?
Calanthe puberula Lindl. var. reflexa (Maxim.) Hiroe
広義 Calanthe puberula Lindl.

synonym
 Calanthe reflexa Maxim.


ラン科 Orchidaceae  エビネ属 Calanthe

2007/10/13 @新潟県長岡市 雪国植物園

【ナツエビネ】 絶滅危惧II類(VU)
分布 本州から九州
やや湿った落葉樹林下に生える。
高さ 20 - 40cm
葉の表面は無毛。
花期 7 - 8月
花に距がない。
苞は開花時に脱落しない。
側花弁は広線形。 唇弁の舷部は平坦で先端は突出。

雪国植物園では、通路以外は立ち入り禁止のロープが張ってあるので、対象に接近できないことがあります。
このときも、ロープからかなり遠くに咲いていたので接近できず、なかなかうまく撮影できていません。

Topの画像を検討してみると、どうも花に【距】がないようです。
エビネ属で距がないとするとしぼられてきます。
ナツエビネの開花期(7 - 8月)をかなり過ぎての撮影なので、疑問も残るところなのです。
【四季の山野草】では、ナツエビネで 9月26日撮影のものがあるので、当管理人撮影のこの記事のものもナツエビネでいいかなと思っております。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅰ 単子葉類】 平凡社刊 2002年版
 【四季の山野草】のナツエビネ

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2008年2月10日).
a0055224_2352544.jpg

by nig-yam | 2008-03-02 11:12 | 植物 何だろうか?

タマバシロヨメナ? 071013

a0055224_0132787.jpg

【タマバシロヨメナ?】
学名
Aster ageratoides Turcz. var. ageratoides f. ovalifolius (Kitam.) Ohwi

異名 synonyms
 Aster ageratoides Turcz. var. ovalifolius Kitam.
 Aster leiophyllus Franch. et Sav. var. ovalifolius (Kitam.) H.Hara


キク科 Asteraceae  シオン属 Aster

2007/10/13 @新潟県長岡市 雪国植物園

いろいろ調べてみるのですが、ほんとにタマバシロヨメナでいいのかなぁ…?
雪国植物園の花々】で見る画像とはよく似ているのですが、タマバの由来の葉が卵形というのが
… はっきり確認できません。
一応、それぞれの画像に写っている茎の中部とおぼしきあたりの葉をみると、なんとなく卵形かなぁ
… というレベルに見えます。
撮影の角度が悪いのだと思います。
【シロヨメナ A. ageratoides Turcz. var. ageratoides】かもしれません。
【ゴマナ A. glehnii F.Schmidt var. hondoensis Kitam.】よりは背丈が低いのと、葉の 3脈がはっきりわかる点で、識別できます。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅲ 合弁花類】 平凡社刊 2002年版
 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科
 植物生態研究室(波田研)のホームページの植物雑学事典の【シロヨメナ】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2007年10月27日).
a0055224_0142991.jpg

a0055224_0144375.jpg

by nig-yam | 2008-01-28 00:12 | 植物 何だろうか?

ホソバノキリンソウ(たぶん) 070623

a0055224_17182478.jpg

【ホソバノキリンソウ】 だと思います
Phedimus aizoon (L.) ’t Hart var. aizoon

synonyms
Aizopsis aizoon (L.) Grulich var. aizoon
Sedum aizoon L. var. aizoon

ベンケイソウ科 Crassulaceae  キリンソウ属 Phedimus

2007/06/23 @山形県西置賜郡小国町

北海道、本州(中北部)の山地の草原や林内などに生育する多年草

キリンソウ(P. aizoon (L.) ’t Hart var. floribundus (Nakai) H.Ohba)は束生するのですが、それとは違って茎の基部であまり分枝しないので、密集度が低い。
鋸歯が葉の付け根に近い部分(相対的に)まである。

関連記事 【キリンソウ 070708】

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類】 平凡社刊 2002年版
 日本の植物たち の【ホソバノキリンソウ】
 花図鑑のボロボロブログ!【ホソバノキリンソウ】

学名は以下によりました。
米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2008年1月27日).

a0055224_17203462.jpg

a0055224_17204438.jpg

Original は 2008-02-16 11:35:03
by nig-yam | 2007-06-29 22:15 | 植物 何だろうか?

オオバタネツケバナ? 070411

a0055224_0253819.jpg

【オオバタネツケバナ?】
Cardamine regeliana Miq. ←オオバタネツケバナなら

synonym
Cardamine flexuosa With. subsp. regeliana (Miq.) O.E.Schulz
Cardamine flexuosa With. var. regeliana (Miq.) Matsum.
Cardamine scutata Thunb. subsp. regeliana (Miq.) H.Hara
Cardamine scutata auct. non Thunb.

アブラナ科 Brassicaceae  タネツケバナ属 Cardamine

2007/04/11 @新潟県加茂市

管理人は、オオバタネツケバナでだいじょうぶと思っています。
ちょっと自信がないということです。

【分布】 北海道~九州  アジア東部~北東部
原野の水湿地や川辺に生える多年草
高さ 20-60cmで茎は株状とならない
葉は頭大羽状複葉
 頂小葉が側小葉に比べてかなり大きい、側小葉が全緑である
花期は 3~6月
花弁は長さ 4-10mm
長角果は無毛 ← これは確認していません。

参考
 【日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類】 平凡社

画像について
全体が無毛です。
頂小葉が大きく、側小葉は…ちょっと全縁とはいいにくいかもしれません。
a0055224_0254967.jpg

Original は 2007-06-03 22:57:10
by nig-yam | 2007-06-03 22:57 | 植物 何だろうか?

ノミノフスマ? 070430

a0055224_1243039.jpg

【ノミノフスマ】 ←たぶん
Stellaria uliginosa Murray var. undulata (Thunb.) Fenzl

広義 Stellaria uliginosa Murray

synonym
Stellaria alsine Grimm var. undulata (Thunb.) Ohwi

ナデシコ科 Caryophyllaceae  ハコベ属 Stellaria

中文 【雀舌草】 ← 広義の S. uliginosa Murray のレベルで
한국 【벼룩나물】

2007/04/30 @新潟県加茂市

畑の周囲や公園の草地なんかに生えている白い星型の花のナデシコ科の植物は、種類が多くて区別するのに苦労します。
花弁は 5枚なのですが、基部で深く裂けているので 10枚に見えます。
がく片よりも花弁が長くなっています。

a0055224_1244127.jpg

Original は 2007-06-17 15:00:00
by nig-yam | 2007-05-26 01:17 | 植物 何だろうか?

ヘビイチゴ? 070430

a0055224_1132725.jpg

【ヘビイチゴ】 ←たぶん
Duchesnea chrysantha (Zoll. et Moritzi) Miq.

synonym
Duchesnea indica (Andrews) Focke var. leucocephala Makino f. japonica (Kitam.) M.Mizush.

バラ科 Rosaceae  ヘビイチゴ属 Duchesnea

中文 【皱果蛇莓】
한국 【뱀딸기】

2007/04/30 @新潟県加茂市

ヤブヘビイチゴ D. indica (Andrews) Focke var. major Makino との違いは、果実で検討するのがいちばん間違いないので、この段階では確証がありません。
とりあえず、葉の色調と副がく片の大きさでヘビイチゴとしました。

副がく片がヤブヘビイチゴでは大きいという情報が【三河の野草】様では提示してあります。

この段階で検討するとすると
【ヘビイチゴ】
全体が小型で、葉が黄緑色、日当たりのよい草地に生える
【ヤブヘビイチゴ】
全体が大型で、葉が濃緑色、半日陰に生える

果実では
【ヘビイチゴ】
果床が小さく、表面の色が淡く、光沢がない
そう果(果実の表面のゴマ粒)にコブ状小突起がある
【ヤブヘビイチゴ】
果床が大きく、表面の色が濃く、光沢がある
そう果の表面は平滑

交雑種【ヘビイチゴ x ヤブヘビイチゴ】の
アイノコヘビイチゴ Duchesnea x hara-kurosawae Naruh. et M.Sugim. なんてのがあったりするから、さらに事態はややこしくなります。

a0055224_1134239.jpg

Original は 2007-06-16 23:05:01
by nig-yam | 2007-05-25 01:04 | 植物 何だろうか?

オクノカンスゲ(仮) 070324

a0055224_147487.jpg

【オクノカンスゲ】
Carex foliosissima F.Schmidt

synonym
Carex foliosissima F.Schmidt var. latissima (Ohwi) Akiyama

韓国 【식물명미정

カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属 Carex

2007/03/24 @新潟県長岡市 雪国植物園

最初はヒメカンスゲ C. conica Boott だと思って記事にしました。
難しいカヤツリグサ科の中で、シロウトの私でもなんとか特徴がつかめると思ってたら大間違いでした。
黄白色の試験管ブラシのような雄小穂(暗褐色の鱗片から出ている黄白色の葯)が目立つのが特徴ですけれども、
大きさと葉のM字状なことをよくみると違います。
やっぱりスゲ属は油断ができません。
雌小穂はその隣で、黒褐色の棒状。
ふだんあてにしている「日本の野生植物 草本Ⅰ単子葉類 平凡社刊」の写真はちょっとわかりづらいです。

2010/04/07 追記:さらに検討を加えているところで、表題に(仮)をつけ加えました。

参考 web site
 【石川の植物】
 【カヤツリグサ科植物図鑑】

Original は 2007-03-28 23:50:10
by nig-yam | 2007-03-28 23:50 | 植物 何だろうか?

ハコベ属

Stellaria sp.
ナデシコ科 Caryophyllaceae
ナニハコベかは、調査中
a0055224_2054378.jpg
a0055224_2055570.jpg

by nig-yam | 2005-04-22 20:03 | 植物 何だろうか?



何かと迷う日々が・・・という形而下的日常を書いてます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
外部 Link & Albibord
Trackback Albirex
はっととりっく・ぶろぐ
dawaのたわごと
SAgAN Report Diary
四国の中心で、Jをさけぶ
ドバイ日和
レシピブログ






Powered by ついめ~じ

アルボードは、サッカーJ1「アルビレックス新潟」のスポンサー企業情報をお届けする、サポーター自主運営によるtweetです。




 点取り占いブログパーツ
タグ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
急性脳梗塞 wiki
from 最新ニュース記事特集
みちのくダービー
from 寝言かよ・・・
前橋/前橋
from なるほどキーワード
気合を見せてもらった
from ich lerne
ベニバナ
from 植物辞典
次の試合、柏レイソルはど..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧