逡巡一刻値千金は【Jリーグの秋春制】に反対です

タグ:ムラサキ科 ( 5 ) タグの人気記事

ミズタビラコ 070623

a0055224_15485265.jpg

【ミズタビラコ】
Trigonotis brevipes (Maxim.) Maxim. ex Hemsl.

ムラサキ科 Boraginaceae  キュウリグサ属 Trigonotis

2007/06/23 @山形県西置賜郡小国町

本州から九州に分布し、渓川の湿地に生える。
高さ 10 - 40cm
花期は 5 - 6月
小花柄は萼より短く、花後も直立する
花の直径は約 3mm

コシジタビラコ T. brevipes (Maxim.) Maxim. var. coronata (Ohwi) Ohwi
本州(近畿以北秋田まで)の日本海側に分布し、分果の背面に環状の付属体がある。

ということなので、分果を確認していないし、日本海側なので、コシジタビラコの可能性のほうがどうも高そうですが、とりあえずミズタビラコとしておきました。

参考 「日本の野生植物 草本 Ⅲ 合弁花類」 平凡社 2002

全景のつもりですが、まわりに他の植物が生えているので、どうもよく分らない状態になってしまいました。
a0055224_15501373.jpg

Original は 2007-08-04 18:22:21
by nig-yam | 2007-06-24 15:45 | 植物 ま~わ

ノハラムラサキ 070610

a0055224_14234960.jpg

【ノハラムラサキ】 (帰化)
Myosotis arvensis (L.) Hill

ムラサキ科 Boraginaceae  ワスレナグサ属 Myosotis

2007/06/10 @新潟県新潟市(旧中蒲原郡小須戸町)

上の画像は、ずいぶんとゴチャゴチャしたものになっております。
クリックすると大きくなりますが、それでもゴチャゴチャ感は変わらないと思います。
下の画像では、花序の部分だけ分かるようにしたつもりですが、どうでしょうか。

ヨーロッパ原産
花は淡青色で、直径は 3mm程度と小さい。
ワスレナグサ(シンワスレナグサ) M. scorpioides L. のごく近縁ということです。

a0055224_14251383.jpg


全体像はこんな感じでした。↓
a0055224_14253553.jpg

Original は 2007-08-04 16:55:55
by nig-yam | 2007-06-17 14:21 | 植物 た~の

エチゴルリソウ 070504

a0055224_1232279.jpg

【エチゴルリソウ】
Omphalodes krameri Franch. et Sav. var. laevisperma (Nakai) Ohwi

synonym
Omphalodes laevisperma Nakai

ムラサキ科 Boraginaceae  ルリソウ属 Omphalodes

2007/05/04 @新潟県長岡市 雪国植物園

ヤマルリソウ O. japonica (Thunb.) Maxim. との違いは、花序がふつう2分枝する(二股に分かれる)ことが決め手になりそうです。

ルリソウ O. krameri Franch. et Sav. との違いは、分果の縁にかぎ状の刺がない点です。
これは上の画像では分果がないのでわかりません。
下の全体像の画像では、分果が写っているので、縮小前の元を拡大して確認したら、どうやらかぎ状の刺はないようです。

参考 web site 「石川の植物」の File 114 エチゴルリソウ が分かりやすくなってます。

全体像 ↓
a0055224_1234781.jpg

Original は 2007-08-04 14:15:18
by nig-yam | 2007-06-12 22:03 | 植物 あ~お

キュウリグサ 060509

a0055224_17454713.jpg

【キュウリグサ】 [Ver. D]
Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth. ex Hemsl.

ムラサキ科 Boraginaceae キュウリグサ属 Trigonotis

一応キュウリグサにしているが、ノハラムラサキ Myosotis arvensis (L.) Hill かもしれないので、ちょっと取調べ中です。(過去記事についても同じ)
見かけるとついつい パシャ
そのわりには なかなか うまくいかない

過去記事 【キュウリグサ 050419】

2006/05/09 @新潟県 職場の周辺
Nikon D70 Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
by nig-yam | 2006-06-09 17:15 | 植物 か~こ

キュウリグサ 050419

a0055224_0311041.jpg

【キュウリグサ】
Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth. ex Hemsl.

ムラサキ科 Boraginaceae
ムラサキ亜科 Boraginoideae キュウリグサ属 Trigonotis

属の特徴
 花冠は車形で裂片は平開し、筒部は短く、喉部に突起または鱗片がある
 分果はかぎ状の刺がなく、平滑またはしわがあり、基部で子盤につく
 花冠裂片はつぼみの時、瓦重ね状にたたまれる
 分果は 4面体
 葉は互生
 花序は総状で 無苞または基部にだけにある
 がくは 5深裂で花後少し大きくなる
種の特徴
 越年草
 小花柄はがくより長く、花後開出または反曲する
 花の直径は約 2mm

道端や畑に普通に見られる  高さ 10-30cm の越年草
下部の葉は柄がある
葉身は長楕円形~卵形で 長さ 1-3cm 幅 6-15mm で細毛がある
花期 春 3-5月
花色 淡青紫色
花の直径 約 2mm
花後花序は長く伸びる 苞はない
小花柄は長さ 3-9mm
分布 国 内 北海道~琉球
    国 外 アジアの温帯~暖帯

参考 【日本の野生植物 草本Ⅲ 平凡社刊 2002年版】

2005/04/19 @職場の周辺

a0055224_1372589.jpg

ゼンマイがほどけていくように 次々と開花します
a0055224_1393058.jpg

by nig-yam | 2005-04-22 01:57 | 植物 か~こ



何かと迷う日々が・・・という形而下的日常を書いてます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
外部 Link & Albibord
Trackback Albirex
はっととりっく・ぶろぐ
dawaのたわごと
SAgAN Report Diary
四国の中心で、Jをさけぶ
ドバイ日和
レシピブログ






Powered by ついめ~じ

アルボードは、サッカーJ1「アルビレックス新潟」のスポンサー企業情報をお届けする、サポーター自主運営によるtweetです。




 点取り占いブログパーツ
タグ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
急性脳梗塞 wiki
from 最新ニュース記事特集
みちのくダービー
from 寝言かよ・・・
前橋/前橋
from なるほどキーワード
気合を見せてもらった
from ich lerne
ベニバナ
from 植物辞典
次の試合、柏レイソルはど..
from 町人思案橋 (時事と常識戯問..
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧